世界大会の動画撮影秘話!

2022/04/24

フリースタイルフットボールの世界大会

「RedBull StreetStyle 2022」

 

先日もそのブログを書きましたが、

今回は、その時の撮影秘話をお届け!

 

1対1でのオンラインバトルで

相手が専用アプリに動画を投稿してから

12時間以内に投稿する。

それを3ターン繰り返します。

 

本日紹介するのは、その3ターン目です!

 

とにかく腰が痛い。

けど、妥協はしたくない。

なので

 

【腰痛がヤバくても出来る全力30秒】

 

これを目標に隣で練習していたKAZさん達と

これいいかも?いや、こっちは?

なんて話しながら撮影。

 

そこでまず最初に撮れたのがこちら!

最初は「目にボール乗せて30秒寝る?」とか

笑って話してましたが、AKKA(動画冒頭の技達)なら

腰への負担も少ない!って事で採用!

けどちょっとボールがズレると痛かったです笑

 

「レーキからヘッドストール」

これはこだわりポイントで、

しっかりスキルを入れたいって事で採用!

完璧なレーキで頭の高さに上げるのに

結構苦戦して、そこでのミスも多数。

 

これを撮った後に

「寝るのは芸がないな」という事で

次に撮れたのがこちら!

実際の3ターン目で採用したのがこの動画です。

目に乗せて寝るだけなら簡単だけど

ヘッドストールで「微動だにしない」なら

スキルがしっかり詰まってるかなと!

 

そして乗せて終わるだけってもったいないな?

と、考えて最後はノールックテールフットクラッチ〆!

クラッチでミスったのも沢山ありました…笑

 

撮影の最初の方は隣にいるKAZさんに

「25秒あたりで手を叩いて合図してください」と

お願いしたりもしたのですが、

なかなか最後まで行かず。

 

結局は1人で脳内30秒を数えて挑んだ結果…

なんと29秒で〆!

もはや奇跡かと!笑

 

これが撮れた後も

もっとクオリティ高いの撮れないかなと

何度も撮り直してこんな動画も存在します。

 

これが撮れた時は、こっちの方がいいかな?

と思ったんですが、AKKAの種類も少ないし

終わり方はやっぱり、

テールフットで静止してちょうど30秒がいい!

と、考えてこちらはボツに。

 

色々考えぬいて約2時間かけて撮影した世界大会でした。

 

 

 

さて、ここまで読んでくれた方へ

伝えたいことがあります。

 

いつも練習する時は何か考えていますか?

とにかく「スキル」を磨くだけの反復練習が多くないですか?

それも大事なんです。

 

けど、それだけじゃなくて

審査基準を頭に入れて

対戦相手達のスキルやムーブを見て

そこに対して自分はどんな30秒を作れるか

【構成】を考えながら、現在の自分のスキルと向き合う

これが出来るのがオンライン予選の特徴の1つです。

 

これをやると自分のスキルの無さに嫌気がさします。

しかし、それが現実です。

自己分析する時間は結構大切で、

この時間が自分を大きく成長させます。

 

そんな経験を詰みつつスキルを磨けて

現地に行く金銭的な負担なく全国大会や

さらには世界大会の経歴を手に入れれる!

 

これって活用しない理由あります?

ぜひ目の前にあるチャンスをみすみす逃すことのないように

「上手くなってから」なんていうプライドは捨て去ってみませんか?

最初から上手い人なんてほぼいません。

最初からバトルで強い人なんて見たことほぼありません。

バトルの経験はバトルでしか磨けません。

 

目の前にその機会があるなら

1歩踏み出してみてください。

経験してみないとわからないものが沢山あります。

沢山経験して、その上で自分の好きなフリースタイルフットボールを見つけて欲しいなと思います。

 

 

それでは今日はこの辺で〜

 

関連記事

大会2日前に捻挫した岡山vlogを3つ投稿したよー!
【人生目録】フリースタイルフットボールを始めたキッカケは?【第1話】
ロゴTシャツ、カラーが増えて再登場!【受注生産7/22まで】
夏休みが始まる!ならば宿題を出そう!!
検索する
月別アーカイブ